今年の夏休みは1週間をかけ、愛犬のbondと共に九州までの長~いドライブでした
 
台風16号が九州に近づくなか、どこかでその大型台風に遭遇するのではと心配しつつも朝4時に高速へ。
新東名・伊勢湾岸道・新名神・山陽道を乗り継ぎ西へ西へと行けるところまで 。。
そして尾道から今晩のお風呂を目指し、しまなみ海道へ入りました(愛媛へ行く道です)

向島、因島、生口島へと橋でつながっています。

P1000796

P1000807

ところが目的の大崎上島へはフェリーのみの移動です。
やっと大崎上島に着いたころは辺りは真っ暗。
街灯も少なく今夜の車中泊の場所は見つけられません。
フェリー乗り場の人に宿を紹介してもらい、まず第1日目は暖かいお布団でぐっすりと眠りました~


2日目
広島原爆資料館をたっぷりと時間をかけて見学。
とにかく混んでいて人の流れに身を任せながらでした。
平和記念公園ではやや曇りの天気だったので歩いていても心地良よく過ごせました。

P1000825

遅いお昼はもちろん「お好み焼き」 ボリュームがあり満足~
 

その晩はお隣の山口県「あいお荘」に宿泊。
眼下は瀬戸内海。
晴れていればテラスから最高の景色が眺められます。

夕方には台風の影響か、時折強い雨が降っています。
でも夜は静かでbondもひとり車で熟睡だったでしょう。
(その頃台風は鹿児島に上陸)

P1000834



3日目
西の空には青空がのぞいています。
さあ、山陽道~九州道で鹿児島に向け出発です。

あっと言う間に下関。
本州最後の壇之浦PA。
目の前は関門海峡。
対岸(九州)が近くて川のような感じ・・・

P1000843

P1000841


九州に入った!
九州道では4月の地震の爪痕があり、片側1車線が何か所かあったり、土手も崩れてブルーシートがかけてありました。

途中えびのICで降り、京町温泉の十兵衛の湯に入りました。
風流でかけ流しでとっても良いお風呂でしたよ~

そして再度南に向け道の駅 「喜入」を目指します。
ここは指宿の手前で今晩の車中泊の場所です。
道の駅手前の辺り、信号機が消えています。
気にもせず駐車場に入ったもののトイレも周りも真っ暗。
広い駐車場には車がいっぱいなのに・・・

この辺りが停電だと解ったのはだいぶ時間がたってからでした。
ここ喜入はお風呂もあるのですが台風の影響で窓ガラスは割れ、建物も傷ついていました。




4日目
道の駅・喜入の朝日はとてもキレイ。
周りの景色も素敵なところでした~
早朝からゲートボールを楽しむ人が集まり始めました。
遊歩道・芝生のコートなど綺麗に整備されています。

P1000851

bondと同じゴールデンを散歩している人が私たちのところに来ました。
類は友を呼ぶものですね~
その人は数年前まで東京日本橋で仕事をしていたそうで、定年退職にともない鹿児島に帰ってきたそうで、やっとゴールデンを飼えたと嬉しそうに話していました。 


軽い朝食をすませ知覧特攻平和会館に向かいます。

ナビの通りに走っていると《この先通行止め》の立て札。
前の車はそれでも進んでいきます。私たちも当然付いていきます。

ところが気付けば前に車はいない。
倒木の間をくぐり進むと後ろから軽トラのおじちゃん&おばちゃんが追い掛けてきて「その先はダメ!!」と。
助言を頂き有難うございました。

ハイエースに少しの傷をつけながらもやっと国道に出られました。

知覧に行く道は何ヵ所か通れない状況でした。
やはり台風の傷跡です。


知覧特攻平和記念館では語り部の話に涙しました。
今回の旅行は広島と知覧を見学し、当時に思いをはせ、今の平和な時代をかみしめることが出来ました。

P1000856


知覧を後にしフェリーで桜島へ渡り、白浜オートキャンプ場へ向かいます。

P1000864

国道10号線を進むもまたしても通行止め。
来た道を引き返し垂水市から志布志市経由で日南海岸へ。

距離も長くすっかり夜になりキャンプ場に着いた頃は他のキャンパー達はすでにお休みのよう・・・
静かにビールと軽いつまみで早く寝ましょう。

でもbondは吠えないので夜でも迷惑をかけることはないんです!
やっぱりいい子だ~

いやはや今日は長~い一日だった

P1000870

P1000872

P1000878



5日目
今日は由布院へ行きます。
途中道の駅を散策しながら早い時間に今晩の宿「はな村」さんに到着。

P1000897

はな村さんは「上品で心地よい女性にやさしいお宿」ということで予約は正解でした。

夕食の前に湯の坪海道をのんびりと歩く。
小さいお店がずっと並んで楽しい道です。
夕方5時頃にはほとんどのお店は閉まってしまいます。
また明日歩きましょう!

宿からは由布岳が見えました~
年間通して雨が多く、住んでいる人でもなかなか見えないと聞きました。
何てラッキーなことでしょう。

P1000884




6日目
はな村さんの庭から人力車(えびす屋さん)の45分コースに乗りました。
行く先々で丁寧に説明をしてもらえるのがとても良いですね~

P1000903




1475041340665

P1000891

すがすがしい時を過ごし別府へむけ出発です。

別府には〇〇地獄というところが幾つもありますが、海地獄と血の池地獄を見て周り、当然温泉卵を食べお土産に温泉の元を購入。

P1000914

P1000919

鉄輪温泉(かんなわ)で温まりました。ここも混んでいます。

実は鉄輪温泉に行く前に別府温泉に行ったのですが、教えてもらった建物までは道が狭くてハイエースでは入れなかったのです。
ウロウロしたあげく別府駅の観光案内所で聞くと、どこも駐車場は少なく駅前に駐車し歩いて行くそうです。

今日の気温は30℃なのでbondを車に残すことは出来ません。
bond中心の旅ですから。。。


そして西大分港に向かいます。
神戸港までフェリーです。
この航路はフェリーさんふらわあで、唯一ウィズ・ペットの部屋がが6室あります。
一緒の部屋で過ごせられるのはペットにも飼い主にとっても、とても安心で幸せな時間です。

1475041401159

西大分港で船をまつ駐車場は、一般車とペット同乗車と別になります。
今回は私たちを含め5台がウィズ・ペットの乗客のようです。
もちろん飼い主同士の情報交換に話も盛り上がります。
ペット車は最後に乗船し下船のときは一番先とか・・などなど 

フェリーさんふらわあは瀬戸内海の航路なので、右岸も左岸も灯りが見えます。
夜の灯りは切ないくらい綺麗でした~
いよいよ旅の終盤って気持ちが深まりましたね・・



7日目
さんふらわあが明石海峡大橋をくぐる頃は朝日もまぶしく、みんなデッキで潮風にあたっています。

ヨーロッパから来ているという女性、2才のゴールデン♀を家に待たせているそうでbondをいっぱい撫でてくれました。(日本語が上手でしたよ)
その方はペット同室があることを知り「日本ってすごい!!」と感激していました。


☆株式会社フェリーさんふらわあ様
 デッキにごく一部のエリアで良いのでペット可の許可を
 頂けないでしょうか?
 12~13時間部屋の中だけなので早朝のお客様の
 少ない時間で結構ですので。
 もちろん飼い主はマナーを守ります。
 ペットの不得意なお客様への配慮は致します。
 
 どうか宜しくお願い致します。
 
P1000920

パンとコーヒーと果物で朝食をすませ神戸港に降りました。

まずすることはbondのトイレです。
同船していた飼い主たちは揃って車を止め散歩です。

用が済むとクラクションを鳴らして一台ずつ別れていきました~


これからはのんびり帰路につきます。
神戸から中央道経由です。
甲府あたりだったか進行方向に大きな虹!!
後ろは真っ青な空が所々見えます。



どんなに長旅でもbondはいつもおとなしく後ろで寝ています。
時折ふぅ~っとため息が聞こえます。
時々いびきも・・

私たちを信頼しどこにでも一緒に付いて来てくれるけど、9才と7ヶ月の体に負担を掛けてないだろうかと時々思う今日この頃です。

来年は近い所でゆっくりとした計画を立てましょうね~ bond!!

P1000874
 
旅が終わる頃は車内はごちゃごちゃ まっ、いいか
bond君 お疲れさま~

 《今回は女房の記事でした》